iPhoneのカメラが真っ暗で動かない…不具合時に試す4つのこと

いつも持ち歩くiPhoneのカメラ機能は、とても使いやすいです。
咄嗟の撮影にも対応してくれる分、突然の不具合はシャッターチャンスを逃すことにつながります。

 

とくに「カメラが真っ暗で動かない…」というトラブルは多いので、そんなときに試すといいことを見ておきましょう。

 

レンズを塞いでいないか確認しよう

 

非常に初歩的なトラブルですが、以下のような原因でレンズを塞ぐと、真っ暗な画面しか表示されません。

 

  • 指で塞いでいる
  • ケースで塞いでいる

 

撮影に夢中になるとiPhoneを握る手にも力が入り、気付いたら指がレンズに触れていた…こんなことは珍しくありません。
よって、撮影時にはiPhoneの持ち方も意識しましょう。

 

また、最近人気の手帳タイプのケースだと、表面のカバーを開いて折り返した際、裏面を完全に覆うものが多いです。
手帳タイプは保護力が高い一方で、撮影の際には若干不便になります。

 

こうした初歩的な問題が無いかどうか、最初にチェックしましょう。

 

カメラアプリを一度終了してみよう

 

マルチタスク画面を起動することで、任意のアプリを終了させられます。もしもカメラが真っ暗なままなら、一度カメラアプリを終了させましょう。

 

マルチタスク画面は、ホームボタンを二度押しすることで表示されます。

 

ホームボタンを二度押し

 

そしてカメラアプリを上へスワイプすることで、動作が終了します。

 

上へスワイプ

 

不具合が起きたアプリをこの方法にて一度終了させると、次回の起動時には直っているかもしれません。

 

なお、この方法で終了させたアプリを再起動すると、若干電池が消耗しやすくなります。
普段はこまめに終了させず、不具合が起きた場合のみ終了させましょう。

 

iPhoneを再起動してみよう

 

iPhoneの電源をオフにして再起動すると、カメラの不具合も直った事例があります。アプリを終了しても直らないなら、次に再起動を試してください。

 

iPhoneの電源を切るなら、以下の手順で行いましょう。

 

  1. スリープボタンを長押しする
  2. 『スライドで電源オフ』と表示されるのでそれにしたがって操作する
  3. 画面が完全に消えたらスリープボタンを再度長押しする

 

再起動をするとあらゆる動作がリセットされるので、カメラの不具合も直りやすいです。もちろんカメラ以外の不具合にも使えるので、先ほどのマルチタスクと併せて覚えておきましょう。

 

別のカメラアプリを使ってみよう

 

iPhoneのApp Storeを覗くと、いろんなアプリをインストールできます。その中にはカメラアプリも存在するので、標準カメラに問題が起こっているなら、無料のカメラアプリを試しにインストールしてみましょう。

 

もしもインストールしたカメラアプリが正常に起動したら、レンズではなく標準のカメラアプリに問題があります。その場合はiOSのアップデートを確認し、最新のバージョンで修正されていたら、すぐにアップデートを行いましょう。

 

ここまでに説明した方法を全て試しても改善しないなら、レンズ自体に問題があります。

 

レンズが壊れていたら修理に出そう

 

レンズが故障している場合、修理に出すしかありません。もしもレンズをApple正規店にて直してもらう場合、以下の料金が必要です。(2016年10月現在、価格は税別)

 

  • iPhone 7 Plus(34800円)
  • iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus(33000円)
  • iPhone 7 Plus(32000円)
  • iPhone 6s、iPhone 6(30000円)

 

バッテリー交換や画面割れの修理に比べると、レンズの修理費は高めに設定されています。とはいえ自力で修理するのは難しいので、カメラを多用するなら早めにお願いしましょう。

 

保証期間内なら安く修理してもらえます

 

先ほど説明した修理費用は、保証期間外の場合です。もしもまだ保証期間内であれば、その費用は大きく変わります。

 

  • 全ての機種で同価格(11800円)

 

このように、iPhoneの修理費用は補償の有無で大きく変わるため、修理依頼の際はまず保証について確認しましょう。

 

もしも保証期間が終わっている場合、非正規店に依頼すると幾分か安くなるため、併せて検討してください。
カメラのトラブルは、iPhone修理店のリペア本舗横浜店にお気軽にご相談ください。